期間工メーカーを比較

住み込み仕事でおすすめなのは?高収入な仕事はあるの?

将来の夢に向かってお金をためたい、なにかやりたいことがあって資金をと思っている人はいますか?

お金を貯めるためにはお金を使わないのが一番ですが家賃や光熱費は収入面でもかなり多くの割合を締めますよね。

お金を貯めたい!という人に人気なのが住み込みでできる仕事で、寮やアパートが無料もしくは格安で借りられるという仕事で人気もあります。

この記事では、人気の住み込み仕事から2年くらいガッツリ働いてお金を貯めたいならこれ!という仕事までを紹介します。

住み込みで稼げる人気の仕事5選

それでは早速人気のしごとを5つ紹介していきます。

トラック運転手・配送

コロナ渦で特に人手不足な業界です。あなたも週に数回アマゾンや楽天などを利用することがあるのではないでしょうか?

我が家も毎日のように宅配物が届きますが、今や配送は一般の利用者にとっても日常生活の一部になっています。

一方で、ニュースにもなるように慢性的な人手不足が続いている業界でもあります。

最近では寮完備で、残業代も全額支給される会社も多く稼ぎたいという人にはおすすめです。

ただし、業務が長時間になる場合もあるため、体力は必要になります。

引っ越し業者

スキルがなかったり、未経験でも大丈夫?

引っ越し業者も難しい作業は必要なく、体力があれば稼げる仕事として人気があります。

ただし卒業や就職など人が移動する繁忙期以外は仕事のボリュームも限られるため、コンスタントにガッツリ稼ぎたいという人には物足りないかもしれません。

チームリーダーの指示に従い、テキパキと荷物を運び出すだけなので体力に自信がある人は是非!

重たいものを運ぶ場面も多数あるので、腰痛持ちや足腰に不安がある人は避けるのが無難です。

警備・交通誘導

工事現場やビルなど夜間のセキュリティ担保のため、館内の見回りをする仕事になります。

昼夜交代制になるため、夜勤が発生するのがポイントです。夜勤の場合には、給料は日勤と比べて割増になるためガッツリ稼ぎたいという人にはおすすめ。

ただし、昼夜サイクルが変わるため生活リズムが変動し、体調を崩しやすい人がいるという側面もあります。また夜間1人~少数での見回りになるため、不足の事態の際にはリスクが有ることもある点は承知しておきましょう。

特別な資格は必要ないため、体力に自信がある人におすすめです。

リゾートバイト

名前の通りリゾート地で働く仕事になります。新しい土地で多くの人が働くため、人とのコネクションを作りたい人に向いています。

ただし、リゾートでのシーズンオフ時には仕事がなく繁忙期のみの募集となるため、ガッツリ資金を貯めたいという人には不向きです。例えばスキーシーズンや、夏休みシーズンなどの募集が多い仕事になります。

自動車工場の期間工

最後は自動車工場の期間工です。期間工ってなに?という人もいるかもしれませんが、期間限定の契約社員のようなイメージを持ってもらえればいいと思います。

給与水準は他の業態と比べても高く初年度から400万~500万稼ぐ人もいる仕事になります。

また満了金といって正社員でいうところのボーナスもあり、有給もあるなどかなり稼げる仕事になります。ただし、稼げる仕事のため人気が高いという側面もあります。

また工場で車の製造ラインの一部を担当するため、標準的な体力は必要になります。(腰痛持ちなどはNG)

おすすめは最長2年11ヶ月働ける期間工

トヨタのほうが稼げる

今回紹介した仕事のなかで一番のおすすめは、やはり期間工になります。

寮付き、食堂付きで年収400~500万稼げる仕事はそうそうありません。格安の寮なので、お金もためやすいというメリットもあります。

勤務地は工場のある地域になるため、心機一転がんばってみるにはちょうどいい仕事かなと思います。

またトヨタやホンダなどは正社員採用にも力をいれているため、勤務態度によっては世界のトヨタの社員になれる可能性もあります。

最短距離で採用を勝ち取るならエージェントを活用する

期間工は人気があるので面接がとても大切

稼げる仕事で、寮付きとなると当然ですが人気があり倍率も高いです。そのため何も対策なしで応募しても不採用になる可能性が高いです。

そこでおすすめしたいのが期間工専門のエージェントを活用することです。期間工JPなどの大手期間工エージェントは採用に関するノウハウはもちろんのこと、入社後のサポートもしてくれるため初めての期間工で不安という人に特におすすめできます。

今まで職を転々としてきた、職歴が空いてしまっているなど不安な点は事前に担当者に相談することで期間工の面接も有利に進めることができます。

利用は無料なので、気になるかたは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。詳細については別記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

期間工JPの詳細はこちら

 

-期間工メーカーを比較