期間工メーカーを比較

期間工は初年度400万以上ってマジ?!本当に稼げるのか比較してみた

トヨタとホンダどっちが稼げる?

いろいろ住み込み仕事を調べてたら期間工って結構稼げるみたいな記事をみかけたことないですか?

確かに期間工は稼げますが、その稼ぎの内容って意外と調べてもでてこなかったりします。

そこで今回は期間工と一般的な仕事の代表でトラックドライバーを例に比較してみました!

「あ、こんなところが大きく違うんだ!」とわかりやすくまとめていくので、参考になれば幸いです。

期間工とトラックドライバーの年収を比較!

 

まず仕事を調べるにあたって「初心者歓迎」という条件で絞り込んで、トラックドライバーを検索しました。

平均すると初心者の場合、月収は20万程度だったので月収20万として計算を行います。

一方の期間工については、こちらも募集サイトから適当に選択した案件(今回はスバル)を例に比較してみようと思います。

トラックドライバーの年収

・月収

20万*12ヶ月=240万

・ボーナス

20万*2ヶ月=40万

期間工の年収

・月収

30.1万*12ヶ月=361.2万

・ボーナス

最大122万

単純な年収で比較してみるとトラックドライバーが280万期間工が483.2万になります。

ボーナスなどは企業の業績や勤務期間によっても変わってくるので一概には比較できませんが、それにしても初年度で月収30万超えるのは結構すごいことだと思います。

一般的な企業で新卒採用でも24万とかなので、期間工が稼げるというのははっきりわかりますね。

期間工の最大のメリットは寮費・水道光熱費無料

期間工は給料もいいんですが、何が一番すごいって寮費・水道光熱費が無料だってところです。

要は生きていく上で必要な住居に関するお金がかかりません。これはかなりでかいです。

都市部であれば家賃7万円程度はしますよね、そこに水道光熱費が月2万って考えると月9万は住むためだけに毎月かかっています。

期間工なら無料、はいすごいですw年間108万払わなくても無料で利用できるってかなりすごいです。

稼げる仕事は採用倍率も高いので熾烈な争いが待っている

正社員になれなくて苦しむ男性

稼げてかつ、住むところにも困らないとなれば人気の案件だということは、簡単に想像つくと思います。

そんななか、丸腰で何も対策せずに応募したところで採用を勝ち取ることは非常に難しいです。ですがそんなあなたに朗報です。

期間工専門のエージェント経由で申し込むことで、採用率をグッとあげることができます。

コネクションという意味ではなく、事前に対策や不安箇所をつぶしておけるからという意味で。期間工JPなどのような期間工専門に扱っているエージェントの場合、採用実績も多くかつ多種多様な人が利用しているため面接対策などのノウハウも充実しています。

実際に2019年でも3605名の人が採用され、期間工として働いていることからもその内容は間違いないといえます。

採用を最短で勝ち取るなら期間工専門エージェントを活用しよう

頼りになる転職エージェント

まとめになりますが、期間工が実際に稼げておいしい仕事だということはわかってもらえたと思います。

期間工を最短でかつ、採用率をあげるなら期間工専門エージェントを活用するのがおすすめです。

面接対策や入社後の不安など、いろんなことがありますが担当者が親身に相談に乗ってくれるので納得したうえで仕事をはじめることができます。

サービスはすべて無料で利用できるので、まずはサイトを訪問してみて雰囲気を感じてみてください。

あなたの期間工としてもご活躍を応援しています!

期間工専門エージェントの詳細はこちら

 

 

-期間工メーカーを比較