住み込み仕事に関する豆知識

期間工に採用されるのに職歴は重要じゃない!より重視されるのは?

期間工は人気があるので面接がとても大切

期間工に採用されるのに、職歴って大事なのかな…?と不安なっていないですか。

結論からお伝えすると、期間工には職歴はさほど重要ではありません。

職歴より重視されるのは『仕事との向き合い方』と『やる気』のふたつです。

職歴より重視されるのは仕事との向き合い方

期間工の仕事はぶっちゃけ楽ではありません。

残業が続くときは辛いと感じることもあります。家と職場の往復で、泣きたくなる時もあるかもしれません。

 

ですが、給与もよく、学歴も関係ないためかなり人気のある仕事でもあります。

人事担当者が見るポイントとしては次のような点になります。

採用担当者のチェックポイント

  • 職歴が多く、ひとつひとつの期間が短いと忍耐力がない
  • 何かトラブルを起こし退職になった可能性
  • 前の仕事と次の仕事の間の期間が長い場合、働く意欲が低いのではないか
  • 長く働いてくれそうかどうか

 

働く意欲が低かったりトラブルメーカーは採用側としても避けたいところ。

とくに、ラインでチームとして働くので輪を乱す人は困るわけです。

大切なのは体力とやる気!

期間工ってどんな仕事をするの?

期間工で一番大切なのは健康な体と、やる気です。

やる気はいうまでもありませんよね。

 

残業が続くこともあれば、休日出勤があったり夏場は工場内が暑く脱水症状を起こす人もいます。期間工も人は定期的に入れ替わりますがチームで働くことに違いはありません。

なのでやる気があって、長く働いてくれる。そしてチームでもコミュニケーションがとれる人がほしいわけです。

短期でやめてしまったり、体力がなくちょくちょく休まれてしまうとラインに穴があいてしまうのでそういう人は敬遠されてしまいます。

 

確かに職歴も確認はされますが、言ってしまえば過去のこと。

体力に自信がないというのであれば、今はジョギングを開始して体力つくりに励んでいますでもいいと思います。

要はあなたが採用を勝ち取るためにマイナス面を埋める努力をしていますか?ということです。

 

やる気や体力はこれから先の話になるので、職歴に不安がある方はやる気体力面でのアピールをしっかりと行いましょう。

履歴書や面接全ての場面で少しでも早く仕事を覚えて、役に立つというやる気をだしていきましょう。

まとめ:職歴よりやる気でアピールしよう

期間工になるのに職歴はあまり重要ではありません。

それよりも、健康な体やる気が重要です。

 

職歴に不安がある方は、エージェントの担当者との面談の際にやる気をアピールしつつ、採用を勝ち取るためにどうするばいいのかアドバイスをもらうようにすると良いでしょう。

-住み込み仕事に関する豆知識