正社員になるためのお役立ち情報

正社員になるために重要な2つのポイントとなりやすい会社3選

期間工として働いてできれば正社員になりたいと考えていませんか?

期間工から自動車メーカーの正社員になることは可能です。ただし、誰でも真面目に働いていれば正社員になれるかというとそうではありません。

正社員への道は狭き門であることには、代わりがありませんがなるために重要なポイントを知っておけばグッと有利になることは間違いなし!

この記事では、正社員になるための2つのポイントと、正社員登用に積極的な会社を厳選して3社お伝えします。

正社員登用されるための重要な2つのポイント

冒頭にお話したように真面目に働いていればというほど、甘いものではありません。

もちろん真面目に働くことは言うまでもなく当然ですが、特に正社員登用に重要なのは以下の2つです。

  • 上長やチームとの関係性がよい
  • 積極的に改善提案をし、学ぶ意欲が高い

この2つのポイントがなぜ大事になるのかわかりますか?少し考えてみてください。

まず1つ目のポイントですが、期間工は決められた仕事を任せられ黙々とこなしていくイメージになります。ですが、もっと広い視点で考えると車という製品を作るためにいろいろなラインが協力していく必要があります。

例えば自分の仕事はうまくいった、なんか他では問題抱えてるっぽいけど俺には関係ないと思っている人がいたらどうでしょうか?確かにそのとおりかもしれませんが、いい気持ちはしないですよね。

自分にできることはないかもしれないけど、なにか手伝えることはないかって気にかけてくれたら救われるってこともあると思います。

上司としては、そういうチームや会社全体を考えて行動できるひとを社員登用に推薦したいと考えるはずです。

ちなみに、正社員登用には上司からの推薦が必要不可欠となるため、上司が求める人材像に近づくことが正社員の第一歩には間違いありません!

2つ目も会社側の立場として考えてみたらすごく当然ですよね。単に与えられた仕事だけをするなら、言い方は悪いですが代わりはたくさんいるわけです。

この競争が激しい国際社会において少しでも自社製品をよくし、市場を広げていく必要があるわけです。ということは、些細なことでも改善し質や性能をよくしていかないとだめですよね。

今では自動運転や、駐車まで自動でやってくれるようになってきています。これから5年10年たったら車は本当に空を飛んでいるかもしれません。

それを実現するためにも、いろんなことを提案し、学び会社を一緒に成長させていってくれる人材が求められるわけです。

正社員登用のポイント

  • 上長やチームとの関係性がよくするため助け合う
  • 積極的に改善提案をし、意欲高く学ぶ

正社員登用数が多い会社を選ぶ!おすすめの会社3選

正社員登用に積極的な会社

  • トヨタ(1年あたり324名、5年で1620名採用)
  • スバル(1年あたり314名、5年で1572名採用)
  • マツダ(1年あたり128名、5年で641名採用)

1位は誰もが知っているグローバル企業のトヨタです。

優秀は期間工は自社でしっかりと確保するからこそ、世界的な技術力を手に入れられたのかもしれませんね!

トヨタの正社員になれたら、周りのひとにも自慢できちゃいますし狙っていくのは有りだと思います。

20代~30代前半なら正社員になるチャンスはあるので積極的に狙っていきましょう!

正社員になるにはポイントをおさえて採用を登用を勝ち取れ!

期間工ってどんな仕事をするの?

あなたがもし正社員登用を目指すのであれば、採用数が多い会社を選んで期間工に応募してみるとよいでしょう。

プラスしてまずは期間工として採用されなければ、正社員にも当然ながらなれません。また期間工になるにあたって、いろいろ不安なことや疑問もあると思います。

そんな場合には、期間工専門のエージェントを利用してみるのをおすすめします。とくに費用は発生しませんし、状況によっては説明会に参加するだけで特典がもらえたりするキャンペーンをやっていることもあります。推しポイントとしては、なんといっても期間工についての情報やノウハウをもっていること。

普通の転職エージェントと違い、分野に特化しているのでその情報量や深さにはピカリと光るものがあります。

例えば、職歴が空いてしまっている、転職回数が多いといった場合の面接対策なども過去のひとの情報蓄積があるので合格率を高めてくれることは間違い有りません。

有利に使えるものは使って、まずは期間工として働きそして今回紹介したポイントをおさえて正社員登用を勝ち取ってください!

あなたの期間工としての活躍を期待しています。

期間工エージェントの詳細はこちら

-正社員になるためのお役立ち情報